Facts & Figuresドイツ風力発電

2020年1年間にインストールされた風力発電機は陸上、洋上合わせて1341MWにとどまり、2018年以降連続で2000MWを下回る結果となった。ドイツの風力発電機は2017年の5334MWを最高に2018年は2402MW、2019年は944MWと低迷している。

続きを読む Facts & Figuresドイツ風力発電

EUタクソノミー規制

EUでは現在、タクソノミー規制のサスティナビリティー概念を規定する技術的項目について調整が進められている。特にガス火力発電の取り扱いがエネルギー業界とEUとの間での争点となっている。業界側は石炭発電を代替するガス発電について諸条件を緩和するよう求めている。

続きを読む EUタクソノミー規制

ハンブルクで水素施設の建設が相次いで決定

独大手エネルギー大手Uniper SEとエネルギーメーカーSiemens Energy AGは共同で新会社HH2eAGを設立し、ハンブルク市モーアブルク地区に次世代発電所を稼働する。産業向けに水素を提供するほか、燃料電池車への水素供給も計画されており、セクターカップリングが注目される。

続きを読む ハンブルクで水素施設の建設が相次いで決定

コロナ災禍におけるドイツの中小企業支援策

ドイツ国内で始まった都市封鎖もすでにまる2週間を超えた。開始当初は一時的に買い占めが起こったり、公園などで遊ぶ子供連れが見られたりしたが、今は市民も新しい状況を受け入れ、再び落ち着いてきているように見える。

続きを読む コロナ災禍におけるドイツの中小企業支援策